2009-01-30

"Rio Sucuri" floating Tour

「青の洞窟」の感動で胸がいっぱいな私達は一度宿に戻り、
午後からの「スクリ川フローティングツアー」の迎えの時間まで、
宿にあるプールを眺めながら考えた。
「どのくらい川は透明なんだろう、どんな生き物が住んでいるんだろう」
なんて想像を膨らましていたら迎えのタクシーがやって来た。
同じ宿のオーストリア人、アニータも加わり、3人で川に向かった。
私はシュノーケル初体験、ましてや泳ぐことも、
顔に水がかかることも苦手であるので、ウエットスーツを着ながら
不安でいっぱいだった。そんな不安をよそに隣では
サンタクロースのようなおじさまが4人(ブラジル人でした)が
一生懸命ウエットスーツをお腹までひっぱり合いをしていた。
ウエットスーツにライフジャケット、ゴーグル、シュノーケルをつけて
トラックに10分ほど揺られ、そしてそこから10分ほど歩く。
すんなり泳がせてはくれないのだ。
しかもこのツアーではカメラは水に濡れてしまう事を考え、
「写真・メイキングビデオサービス」があり、
トラックを降りてから川に潜るまでの撮影が始まった。

ツアーのガイドさんは、ところどころ立ち止まり説明をしてくれた。
どこを見ても本当に綺麗の一言で、木々が蔽い茂っているところは
まるで鏡のように映る。
改めて写真を見てもどっちが空でどっちが川か分からないほど。

歩いて10分後・・・
ついにフローティングをするスポットに着いた。
なんだろうこの気持ち。水は嫌いなはずなのに、早く潜ってみたいと思った。
本当に川は綺麗で、私はすぐに溶け込んだ。夫は嬉しそうに潜っている。
自然が私達を迎えてくれた気がした。
潜ってみると私の中に「新しい世界」が見えた。
それは何ともいえぬ世界だった。
この川ではたとえ浅くても足をついてはいけない。
まだまだ手付かずの大自然を守る為である。
動物・魚はたくさん見る事はできなかった。
しかし新しい世界を見る事ができて満足、新婚旅行を実感した日だった。

ツアーが終わり、待合室では「メイキングビデオ」が流れていた。
恥ずかしくて最後まで見ずに車に乗ったのは言うまでもない・・・
このツアー後、サンパウロへと向かった。

by hike flowertraveler

2 件のコメント:

HDK 藤川英樹 さんのコメント...

こーじさん、まみちゃん。

僕らは今日日本にたちまーす。
東洋人外のおいしいちゃんぽんやさん発見
しました。
中華のお店で、名前は「TENKO 一條龍」
場所はリベルタージの駅を出て、メンイのあすかがある通りをくだり、大阪橋の2つ前か1つ前を左に曲がり、
2ブロック目の右手にあります。

二人でひとつのちゃんぽんと、
水餃子がおすすめです。

時間あったら是非いってくださいね!!!

ではまた日本で会いましょう。

楽しみにしてます。
   HDK

884 さんのコメント...

ヒデボーイ、なおちゃん、無事に着いたかな?情報ありがとう、必ず食べに言ってくるよ!日本はどうですか?と言ってもすぐに韓国だもんね、美味しい焼肉、キムチたくさん食べて、最後は垢すり
行って、旅の疲れをとって下さい。
南米では麻実子の髪を切ってくれたり、
色々とお世話になりました。
次は僕らが帰ったら、日本で遊びましょう。韓国ブログも楽しみにしてますね。