2009-01-07

”THA STEAK”

アルゼンチンは南米の中でもとにかく物価が高くて、
移動費や宿泊代やツアー代で僕ら旅行者を苦しめるが、
唯一僕らを喜ばせてくれるのが、アルゼンチン牛とワイン、
これはとにかく値段が安く、しかもかなり美味しい!
スーパーで厚いフィレ肉を買っても200円位で買えて、
ワインも安いやつで1リットルが3Peso/100円で買えます。

街ではとにかくアサードと呼ばれるアルゼンチン料理の
肉料理屋がたくさんあり、アサードとは骨付き牛あばら肉の
グリルで、炭の弱火で肉をじっくり焼く感じで、それ以外にも
チョリソーや臓物系も同じように焼き、それをワインと一緒に
良くアルゼンチン人は食べています。

僕らもアルゼンチンへ来たら、一回はお店でフィレ肉を食べて
みたく、ちょうど年末に会った長綱夫妻から美味しいお店の
情報を聞いていたので行って来ました。

そのお店はかなり混みあっていて、入り口のすぐ横では
大きな炭焼き場で厚いステーキ肉やチョリソーを焼いていて、
これが長綱夫妻が言っていた、
「7センチの厚さの肉が出てくるよ!!」
見るからに美味そう!!!

僕らは何を注文するのかを聞くのを忘れていたので、
とりあえず、フィレ肉のニンニクソースを注文しました。
値段は37Peso/1200円、僕らの食費代からは少々高いが、
二人で一皿だし、せっかく初めてのお店なので、
久し振りに奮発してみました。
もちろん、グラスワインとサラダも。

待つこと15分、ついに注文した肉が僕らのテーブルにやって来た。

フィレ肉からは、まだ湯気が上がっていて、もの凄く美味そう、
肉のまわりにはフライドポテトが埋め尽くされていて、
とにかく僕らは熱いうちに食べたいので、急いでナイフで肉を
切ってみると、肉は驚くくらいに柔らかく、ナイフではなくフォークでも
切れてしまい、ソースをつけて肉を食べてみたら、
とにかく今までに食べたことがないくらいに美味しかった。
日本でも高いお金をだせば、きっと食べれるとは思うけど、
この値段でこれだけ美味い牛肉を食べれるアルゼンチンは
やはり牛肉とワインの大国なんでしょう。

それにしてもこの値段のアンバランス感はなんなんだろう?
それ以外の食べ物、食材は、日本と変わらないくらいに全て高いのに、
牛肉とワインだけは安すぎる気がします。

まあ僕ら旅行者にとってはラッキーなんだけど。

2 件のコメント:

宇宙エンジン萌 さんのコメント...

おっす またしてもバンコクにいます

こっとうてんたのしそうですな~~~

最近タイは毎日寒いです

元気そうで何より~~

しゅ~しゅ~しゅ~

884 さんのコメント...

あけおめ、何回目ですか?バンコクでの年越し、ひょっとすると間に合うかね、また一緒に遊ぼうよバンコクで!今年も4649ね、宇宙エンジン萌さん!
ひゅーひゅーひゅー