2009-05-10

THA BARRCELONA

5.5にニースから電車に揺られて22時間、僕らはスペイン「バルセロナ」
までやって来た。ここまで来たルートはニースから夜行列車で国境近く
の町まで行き、そこからローカル線に乗り換えて国境をまたぎスペインに
入り、そこから又列車でバルセロナの中心地まで来ました。
夜行列車は一番安いチケットを買ったので、寝台車両ではなく
普通座席だったので寝れるのかが心配だったが、これが思った以上に
快適で、どちらかと言うとバスのシートに似た感じで、リクライニングも
しっかりしていて楽に寝ることができた。そして何よりこのルートが
素晴らしかったのは、国境近くからスペインに入りしばらく走った景色が、
斜面に聳え立つ赤レンガの町並みと、碧い海の地中海が綺麗に車窓から
見えて、i podで音楽を聴き眠い目をこすりながらもしっかりとその
景色を楽しんだ。そして今バルセロナを楽しんでいます。
ここ何日かのことは又後にアップしますが、今日、今、奇跡的にも
バルサの試合のチケットをスタジアムで買うことができた。
今日の夕方から観に行ってきます。
もちろんバルサが勝てばリーグチャンピオンです。
そして久し振りにメルカド(市場)で食材を買って、毎日自炊しています。

2 件のコメント:

GK さんのコメント...

バルセロナは不思議な街ですよね。
古い町並み、ガウディ、白い鳩、内戦のときの銃弾の痕・・・。
国境の静かな町から比べると「下界」という感じを受けましたが、その渾然とした活気はそれなりに魅力でした。
もちろん、サッカーの街でもありますし、いっぱい楽しんでくださいね。

884 さんのコメント...

ありがとうございます。
バルセロナで思いっきり満喫しています。大都市ながらの孤立感はあるが、
その中でも何か暖かみを感じ、すごく親しみが沸いてきます。もちろんバルサの試合も見ましたよ。それも優勝決定戦のプレミアチケットでしたが、残念ながら
引き分けで優勝は次回に持越しでした。
近いうちにアップするので見てください。いつもコメントありがとうございます。